Chego! (アメリカ - ロサンゼルス)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

アメリカ西海岸の焼きそば特集も今週で締めとなります。最後はアジアン・フュージョン系の焼きそばをご紹介します。いかにもアメリカらしい自由な発想を感じる品々で、個人的にもいろいろと触発を受けました。


Chef』という映画をご存じだろうか? たぶん邦題の『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』なら分かる方も多かろう。SNSでの炎上で仕事を失った料理人が、旅先のマイアミでフードトラックを入手し、息子やかつての片腕と共にロサンゼルスまで旅をするロードムービー。見ているとお腹が空くこと必至で、飲食好きにはめっちゃオススメの作品だ。ネットでも配信されているので興味のある方はぜひチェックを。

Far East Plaza, China Town, LA

ところでこの映画の主人公には実在のモデルがいる。ロイ・チョイ(Roy Choi)という韓国系のシェフで、CNNの記事町山智浩氏の映画解説に詳しいが、彼が火付け役となってロサンゼルスではフードトラックのブームまで起こった。映画『Chef』のエンドロールでは、監督と主演を務めたジョン・ファヴローに料理の指導をしている場面も挿入されている。

Chego!, China Town, LA

そのロイ・チョイ氏は、いまロサンゼルスで幾つかの飲食店を経営している。今回紹介する Chego! はそのひとつだ。ロサンゼルスで行ってみたい店の筆頭だったので、渡米初日の夜に早速訪れてみた。Chego! はロサンゼルスのチャイナタウンにある Far East Plaza (遠東商場)という商業施設の一階に店を構えている。テイクアウト専門店だが、店内にはカウンターがあり、外のテーブルでも食べることができる。

Chego! メニュー

ロイ・チョイ氏が始めたフードトラック「Kogi BBQ」は、韓国風の焼肉をトルティーヤに乗せたタコス、Kogi Short Lib Tacosが名物だ。韓国料理とメキシコ料理のフュージョンというアイデアが大いに受けた。この Chego! のメニューも、各国の料理を融合させた独自メニューが並んでいる。

Chego! メニュー詳細

今回、注文したのは Kung Pou Noodle Bowl ($8.00)。賽の目に切った鶏肉とカシューナッツ、唐辛子を炒めた四川料理、「宮保鶏丁(Kung Pou Chicken)」はアメリカでも人気の中華料理だ。その味付けをベースにして麺に絡めて炒めたのが、この Kung Pou Noodle Bowl。メニューの説明書きでは Very Spicy(Spicy level 8/10) となっているので、かなり辛口である。

JARRITOS $2.50-

カウンターで支払いを済ませ、出来上がりを待つ。ついでに JARRITOS というメキシコ産の炭酸飲料も購入。$2.50。瓶にsince1950と書いてあり、こちらでは定番の品だ。オレンジ色の見た目通り、ファンタオレンジ的な味わい。栓抜きがドリンクサーバーの脇に付いてるのが最初分からず戸惑った。

受取りカウンターの脇にいろいろあります

やがて自分の番号を呼ばれた。受取りカウンターの脇には、テイクアウト用の箸や紙ナプキン、アルミホイルなどが並んでいる。LA生まれのシラチャ・ソース(Sriracha Hot Chili Sauce)もしっかりある。チリソースを適量掛け、箸を取って表のテーブルへと移動した。

Kung Pou Noodle Bowl $8.00

樹脂製の丼は様々なトッピングに覆われていて、パッと見だと何が入っているのか分からない。最上層部はフライドオニオン、パクチー、クラッシュドナッツ、ホーリーバジルなどが散らされている。その下には半熟の目玉焼きがあり、それをめくると、焼きそばがどっさり現れた。

モチっとした食感の平打麺に濃厚ソース

焼きそばの麺はモチっとした食感の平打麺だ。説明文で「knife cut noodles」と書かれているのは、恐らく韓国の切り麺「カルグクス(칼국수)」の直訳だろう。カルグクスは韓国式うどんと紹介されることが多いが、小麦粉だけでなく生地に大豆粉や玉子も混ぜている点が、うどんの麺と異なる。

終盤は辛さがさすがにしんどくなってきます

一緒に炒めてある具はパプリカ、ナス、レモングラスなど。麺にはオイスターソースがベースの濃厚なソースが絡んでいる。説明書きの通りかなり辛いが、そのバランスが何とも絶妙。あと粉チーズだろうか、マヨネーズにも似たコクのある酸味も感じる。

トッピングと絡めると絶品!

食べる前は鶏肉かエビが入っているものと想像していたのだが、目に見える動物性タンパク質は目玉焼きだけだった。それなのにこの満足感は凄い。フレッシュ・ハーブをはじめとする全体を覆う各種トッピングも、もちろん飾りではない。焼きそば自体の濃厚な味わいに様々な風味をほどこし、食感にも変化をもたらしている。

終盤はさすがに辛さがしんどくなってきた。JARRITOSの甘さで中和しつつ完食。食べ終えて千里香池袋店のカリフォルニア焼きそばをふと思い出した。たぶん偶然なんだろうけど、味の系統がちょっと似ていて面白い。他のメニューも色々食べてみたかったが、麺の量が500gくらいあったのでさすがに無理だ。

グリフィス天文台からLAの夜景

このChego!を始めとするロサンゼルスでの焼きそば体験は、とても強烈なインパクトを与えてくれた。先週紹介した Yaki Pan も似た系統の品だったが、こちらはまさに焼きそばの概念が変わる一杯だった。日本の焼きそばもこんな感じで進化していったら楽しいだろうなー。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報住所: 727 N Broadway, Unit 117, Los Angeles, CA 90012
TEL: +1 (323) 380-8680
営業時間: 11:00~22:00(日曜は21時まで)
定休日: 月曜
ホームページ
主なメニューKung Pau Noodle Bowl $8.00-
This entry was posted in アメリカ and tagged , , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*