梅月 (福岡県北九州市)

今回から甘味処の焼きそばをテーマにお送りします。以前も一度やりましたが、昔ながらのソース焼きそばを出す店が多いんですよね。7月末から8月頭に掛けて8日間ほど松山や大分、北九州のあたりを食べ歩いてきまして、1軒目はその際に訪れたお店を紹介します。


北九州・門司港駅近くにある梅月は、門司港レトロとして有名な建物群がある街によく似合う老舗の甘味処だ。創業は昭和23年だとか。焼きそばや焼うどんなど食事メニューも出している。

門司港 甘党の店 梅月

訪問したのは8月上旬、平日のお昼時。店舗は栄町銀天街というアーケードの脇道にある。看板の「甘党の店」というコピーが印象的だ。

門司港 栄町銀天街 アーケード

店内は奥に長く、左が厨房になっている。客席はカウンターが8席ほどにテーブルが何卓か。昼時でほぼ満席だ。辛うじて1つあいていたカウンターに案内される。

梅月 おしながき

メニューは麺類と甘味のみ。焼うどんと焼きそばが売れていて、半々くらいの割合で出ていた。

カウンター上のメニューの一部

「ご注文はお決まりですか?」
「オム焼きそば(430円)と、食後に『みつかけ(300円)』をください」

注文が入ると麺を湯掻いて鉄板に広げて調理開始。お冷を飲みつつ待つこと5分ほどで湯気を立てたお皿が運ばれてきた。

オム焼きそば 430円

麺は中細ストレートの茹で麺。具はキャベツ、モヤシ、天カス。それらを炒めてソースで味付けしたところに鰹節を塗す。オム焼きそばの場合はそれを薄焼き玉子で覆い、ソースを塗って青海苔を掛けて出来上がり。

フルーティなソースが香る

ソースはフルーティな香りの甘口タイプだ。しつこい甘さではなく、鰹節や玉子などがアクセントになって最後まで食べ飽きない。ボリュームもそれなりにある。430円という値段は良心的だと思う。

みつかけ 300円

カキ氷の「みつかけ」はイチゴシロップだった。削ったタイプのカキ氷で、自分の好みだ。最近は砕いたカキ氷=フラッペが多いが、こういうのに出会うと嬉しい。暑さで奪われた体力を少し取り戻した。

カキ氷を食べ終えてお会計は730円。ご馳走さまでしたと店を出ると、順番待ちの家族連れがベンチに腰掛けていた。人気なんだなあ。

門司港レトロ

この店に来る前に門司港レトロも散策してみた。モダンな建物が並ぶ門司港は明治期に栄えた港町独特の瀟洒な風景だ。また今度のんびり訪れてみたい。

梅月

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:093-321-1344
住所:福岡県北九州市門司区栄町1-10
営業時間:11:45~19:00(土・祝日は18:00まで)
定休日:日曜日
主なメニュー焼きそば 380円 大盛 450円
オム焼きそば 430円 大盛 500円

焼きうどん 380円 大盛 450円
オム焼きうどん 430円 大盛 500円

カキ氷
 みつかけ 300円 宇治金時 480円
 梅月スペシャル 580円
This entry was posted in 北九州市 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください