アルコイリス 五反田店 (東京都品川区)

今週はラテン系の変わった品々を……例のごとく、焼きそばって呼んでよいか迷う品も混じってますが、そこはご愛嬌ということで(笑)


少し前にインド中華を集中的に取り上げたが、そのついでに似たようなスタイル=中華料理と特定地域の料理が融合した料理を探してみた。その際に知ったのがペルーにある「チーファ(Chifa)」と呼ばれる料理ジャンル。ラテン文化圏のペルーはスペイン料理がベースだが、そこに中華の食材や技法がミックスされたものらしい。ちなみに「チーファ」は中国語の「吃飯(チーファン)」が語源という説が有力だ。長崎ちゃんぽんも福建語の「吃飯(シャポン)」が語源という説もあるので、どこで何がつながっているかわからないものだ。

そのチーファには焼きそばもあるそうな。料理名はタヤリン・サルタード(Tallarin Saltado)。スペイン語の"lla"は「ジャ」か「ヤ」か紛らわしいが、新大陸方面は「ヤ」が標準らしいので、この記事も「タヤリン」で表記する。チーファの定番メニューで、Tallarinは「麺・パスタ」、Saltadoは「炒める」を意味するそうだ。Youtubeで探すと、レシピ動画がわんさか出てくる。好奇心がムクムク沸いて、「こりゃペルーまで行くしかないか」なんて思っていた。

ペルー料理 アルコイリス 五反田店

そんな矢先、4月下旬のとある平日。最近、仕事関係で通っている五反田でのランチタイム。一人でフラッと入った「アルコ・イリス」というペルー料理店で、食事中にボーっと眺めていたランチメニューにそのタヤリン・サルタードを発見した。まさかこんな身近にあるなんて!

ロモ・サルタード(Lomo Saltado) ランチ950円

ちなみにこの日食べたのはロモ・サルタード(Lomo Saltado・ランチ950円)。牛肉とジャガイモとトマトを炒め、ご飯を添えた料理で、これもチーファの一種。後述するタヤリン・サルタードもそうだが、日本人の味覚にフィットする味わいで、この品がランチの一番人気らしい。「とりあえず定番喰っとくか」と注文したのだが、タヤリン・サルタードを見つけてしまってはじっとしておれない。

アルコイリス 店内の様子

早速、その翌日に同店を再訪。店舗は東五反田の繁華街の裏道、雑居ビルの2階にある。意識しないと見つけ難い店だ。フロアにはテーブルが並び、キャパは40人ぐらいか。GW直前の雨の日で、前日よりランチの客は少なかった。適当なテーブルに着席。

「オラー(Hola)!」
「よう、今日もロモ・サルタードか?」
「いや、ちがうしwww」

アルコイリス ランチメニュー

2日連続でランチに来たため、店主にすっかり顔を覚えられてしまった。注文はもちろんタヤリン・サルタード(Tallarin Saltado)。日本語表記は「牛肉スパゲティ炒め」。なかなか的を射た訳である。レギュラーメニューでは1400円だがランチだと850円でかなりお得だ。

ソパ・デ・ポジョ(Sopa de Pollo)

ランチにはソパ・デ・ポジョ(Sopa de Pollo)と呼ばれるチキンスープも付いてくる。透明感のある黄色いスープにパスタ(ファルファッレ)、キャベツ、グリンピース、とうもろこしの粒などが浮いている。優しい味わいのスターター。胃がじんわりと温まる。

アヒ・アマリージョ(Aji Amarillo) めっちゃ辛い

ところでドレッシングの容器に入っているコレ。普通のドレッシングに見えるが、実は黄色唐辛子のペーストで、イエロー・チリ・ペーストまたはイエロー・ホット・ペッパーと呼ばれる。スペイン語だとアヒ・アマリージョ(Aji Amarillo)。色は薄いけどめっちゃ辛いので、入れすぎに注意しよう。むせるよ。

そしてメインディッシュのタヤリン・サルタード! 麺は普通の太さのスパゲティ。炒めやすいよう、油をまぶして茹で置いてあるのかな。アルデンテとは全く違うんだけど、ほどよいコシがある。

タヤリン・サルタード(Tallarin Saltado) ランチ 850円

具は牛肉、紫タマネギ、トマト、葱。玉ねぎやトマトは火の通りを加減して、シャキシャキした食感を残してある。牛肉はかなりの歯応え。日本では柔らかい肉が好まれるけど、むしろこういう硬い肉質を好む国の方が多いんだよね。

チーファ独特な中華風の味付けで美味しい

そして面白いのが味付け。バターとガーリックと醤油だろうか、判然としないが確かに中華料理の影響が色濃くて、実に日本人好みのする味わいなのだ。がっつり炒めたロメスパ的スパゲティで、味付けも違和感なく、普通に焼きそばとして美味しく食べられる。アヒ・アマリージョも適量加えて辛くするとさらに美味い。

他の人にはスパゲティ炒めかも知れないけど、自分にとっては完全に焼きそばだ。そんなペルーのチーファ、タヤリン・サルタード。世界の広さを体感する意味でもいろんな人に食べて欲しいなあ。レギュラーメニューには鶏肉やシーフードなどを使った品もあってバリエーション豊富。チャーハンに相当するチャウファ(Chaufa)も食べてみたいし、また来なきゃだわ。

アルコ イリス ベンボス 五反田店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 03-3449-6629
住所: 東京都品川区東五反田1-15-5 第5本宮ビル 2F
営業時間: 12:00~22:00
定休日: 無休
主なメニュータヤリン・サルタード(Tallarin Saltado)
通常 1400円 ランチ(~14:00) 850円
This entry was posted in 品川区 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*