三八飯店 長万部店 (北海道山越郡長万部町)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三八飯店は北海道長万部の国道5号線沿いにある麺類メインの食堂だ。札幌に支店を展開し、最近は札幌らーめん共和国店にも出店している。看板でも「浜ちゃんぽん」をどーんと売り出しているが、それと同じかそれ以上にあんかけ焼きそばが注文されているという。

三八飯店 長万部店

店内は広く客席も多いが、この日は半分くらい埋まっていた。日曜の昼過ぎということもあって特に家族連れが多い。オーダーは食券制である。あんかけ焼きそばのレギュラーサイズ820円を購入し、店名の入った黒Tシャツを着た女性スタッフに渡すとカウンターに案内された。

卓上にはマスタードと酢、一味、コショウが置かれている。厨房が見える位置なので遠目に観察したところ、あんかけ焼きそばの麺は事前に炒めて炊飯器で保温されているらしい。注文が入るとそこから麺を取り分けて、中華鍋で都度炒めた餡をそれに掛けるようだ。「あー、あれが大盛か、量があるなー」と運ばれる先を追ったら自分の方へ持ってきた。

「あんかけレギュラー、お待たせしましたー」

うへっ、これでレギュラーサイズか? 皿の直径は36~37cmくらい。そこに載せられた麺に、具沢山の餡が溢れんばかりに掛けられている。

あんかけ焼きそば レギュラー 820円

麺は中太の蒸し麺で柔らかめ。ちゃんと焼かれており、ところどころに焦げ目が付いている。暖簾に西山ラーメンの文字が入っていたので、恐らく製麺所はそこだろう。餡の具は白菜・人参・キクラゲ・ホウレン草・イカ・豚肉、そして帆立貝が一つ。餡の味付けは鶏がら醤油がベースだろうか、比較的マイルドな味わいである。粘度はそれほど高くない。

卓上のマスタードを掛けると、むわっと鼻が刺激される辛味がくるが、餡に緩和されるのか全体として美味しく感じられる。餡のおかげか、酢も同様に棘が丸くなり、これまた美味い。

量が多いとの第一印象だったが、食べてみるとペロリと完食できてしまった。函館からさらに北へと陸送するトラックの運ちゃんたちも、これで腹を満たしているのだろうか。それにしてもレギュラーサイズでこの量とは、大盛は怖くてとても頼めそうにない。北海道は焼きそばもでっかいどう。

浜ちゃんぽん三八飯店 長万部店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:01377-2-5180
住所:北海道山越郡長万部町中ノ沢56-1
営業時間:10:00~20:00
定休日:月曜日
主なメニューあんかけ焼きそば
ビッグ990円 レギュラー820円 スモール650円

特製塩味浜チャンポン 1450円
特製みそ味浜チャンポン 1500円
塩味浜チャンポン 820円
みそ味浜チャンポン 880円
This entry was posted in 山越郡長万部町 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">